2019年01月13日

荒川 大麻生野鳥公園

自宅から車で一時間と少しの距離にある、大麻生公園野鳥の森に行った。
熊谷市広瀬の広い荒川河川敷にある、森と葦原がメインの公園。
河川敷にあることから堤防を越えて駐車場へと入るが、入り口が解りづらく関係車両以外進入禁止の立て看板や車幅ギリギリの車止めが設置してある。
しかし駐車場に入るとそこは広く、マニアの車が10台ほど停っていた。

荒川の流れに近い葦原は広い。冬場なのでヒワやアオジしか見られなかったものの多分夏場は昆虫の観察には面白い所に違いない。
草原を一周して森に入ると思っていた以上に鬱蒼として、鳥の声は方々から聞こえても全く姿が見えない。
大麻生野鳥公園1.JPG

五分ほど歩いたところに小さな池があり、その周りにメガホンほどもある望遠レンズ付きのカメラで野鳥の姿を狙うマニアが並んでいた。
しばらく見ていると珍しいところではヤマドリ、ヤマガラ、カケスが観られた。

森の中は幾筋も径があり、そこから外れるのは禁止されている。
なので木々の下生えとなった笹藪の中では餌を啄ばむ小鳥が多く、獣の足音と間違えてしまう。
行き過ぎた管理はされていないので木々は密生し、鳥の声はすれど姿を捉えるのは非常に難しい森だった。

500ミリの望遠でやっと捉えたシメ。
大麻生野鳥公園シメ.JPG



posted by アニマ at 23:35| Comment(0) | 日記

2019年01月03日

見沼自然公園へ初詣

元旦の散歩に、見沼自然公園に行った。
見沼代用水(見沼たんぼ)に沿っていくつもある公園の中では、一番自然が残されている公園。
さほど大きくはないが鳥獣保護の為に立ち入りを禁止されている森もある。

公園の真ん中に池があり、カモ類が沢山見られた。

見沼自然公園.JPG


毎年飛来しているカモなのにたいそう慣れている。
食べ物を目当てにいろんな種類のカモが集まっていた。
オナガガモ、ヒドリガモ、トモエガモ、カルガモ、それに混じってオオバン。

巴カモ.JPG


その中でも少し珍しいトモエガモ。

posted by アニマ at 12:15| Comment(0) | 日記

2018年12月26日

気の早いロウバイ

二年ほど前にアトリエの花壇に植えた蝋梅が、早くも満開になりいい匂いを漂わせている。
前の開花は今年の1月4日と記録しているので、半月ほど早い。
蝋梅.jpg


前回は花が咲くと同時に近所で飛び回っているヒヨドリに食べられ、楽しむ間もなく終わってしまった。
今回はまだヒヨドリの食べ物が他に残っているせいか、近くで飛び回っているわりには被害がない。
いずれヒヨドリに目をつけられるの明らかなので、今回は鷹のオモチャでも吊るしてみようかと考えている。


posted by アニマ at 18:44| Comment(0) | 日記